はじめに

仮想化って何?

ここで言う『仮想化』とは、いったい何?

まず、『仮想化』について、ウィキペディアを見てみると、何やら難しい事が長々と書かれており。。。

その中に、「一言で言えば、WindowsなどのOS内で別のOSを使用すること。」との記述がありました。

これが、端的で分かり易い???

という事で、ここでは、もう少し限定的に、「Windows11パソコンの中で、別のWindowsやLinux を動かす事」とします。

また、以下の言葉も併せて、チョット整理

● 物理マシン

お店屋さんで購入出来る、プラや金属の筐体で出来た、パソコン。

実体がある為、手で叩けば、音はするし、手は痛い。

ここでは、OSのWindows11がセットアップされた、パソコン本体。

● 仮想マシン

物理マシンに入っているソフトウェア上で、エミュレートされた(仮想的に作られた)パソコン。

実体が無い為、手で叩く事が出来ないので、音も出ず、手も痛くならない。実体はパソコン内のファイル。

ここでは、OSのWindows11がセットアップされた、パソコン内のソフトウェアで、仮想的に作られたパソコン。

つまり、ここで言う『仮想化』とは、

『物理マシンのOS[Windows11]上で、仮想化用のソフトウェアで、仮想的に作られたパソコンに、別のOS(他のWindowsやLinux)を入れて使う事』

とします。

なお、個人使用の観点でのお話しになります。(業務使用では、サーバ (Server) という考え方も出て来てややこしくなりますので。)

以上、まだまだ舌足らずかな?ゴメンナサイ。。。

仮想化って何か良い事あるの?

Windows の中で、別のOS(他のWindowsやLinux)を使うと言っても、何か良い事があるんでしょうか?

はい、あるんです!と、偉そうに断言しておりますが、まだまだ知識は乏しく、考えられるのは以下程度です。

● パソコンが不安定になってもすぐ元に戻す事が出来る為、色々なソフトを試すなど、気楽に色々実験が出来る。

戻し技:チェックポイントの作成&適用、イメージのバックアップ&リストア

● 個別にハードウェアを用意しなくても、様々なOSを使う事が出来る。⇒ ハードの投資を少なく出来る。

物理マシンが一台あれば、その中に、仮想マシンを複数台作る事が出来る。(メモリ、ハードディスク容量に左右されますが。)

● 最新のハードでは対応していない様な古いOSも使える(筈、古過ぎは駄目かも)。⇒ 古いソフトも延命が出来る(筈)。

古いOSは、最新ハードのドライバーが未対応などでハマりますが、仮想化で解消出来ます。

古いOSは、ネット接続ではセキュリティ上問題がありますが、クローズした環境で使う事も可能。

● 他の物理マシンの環境への引っ越しが楽

パソコン(物理マシン)の買い替えを行った時も、簡単に引っ越しが出来ます(イメージのバックアップ&リストア)

うれしくない事

なお、良い面ばかりではありません。

● Windowsなどの有償OSの場合、当然ながら、ライセンス料が掛かります。

● グラフィックボード(GPU)に頼る様な、画像、動画、3Dの処理はまだまだ苦手です。

● USBなど、外部のデバイスとの接続は、得手不得手がある様で、結構ハマります。

仮想化するには何が必要?

仮想マシンをエミュレートするソフトが必要です。

物理マシンのOSが、Windows11 としますと、有名どころで以下があります。

● マイクロソフト(Microsoft)社

Hyper-V

Windows11 Professionalエディション以上に付いています。Homeエディションには残念ながらありません。

● オラクル(Oracle)社

VirtualBox

無償で利用出来ます。Windows11 Homeエディションでも使えます。

https://www.oracle.com/jp/virtualization/

● ヴィエムウェア(VMware)社

Workstation Player

無償で利用出来ます。Windows11 Homeエディションでも使えます。

https://www.vmware.com/jp/products/workstation-player.html

物理マシンのハードにある程度の余裕が必要です。

Windowsの仮想マシンを2台程立ち上げる想定では、筆者の思う所、

● CPU

Intel CPU ならば Core i3、AMD CPU ならば Ryzen3 以上なら良いのでは?

Intel CPU ならば Core i5、AMD CPU ならば Ryzen5 以上ならうれしいかと。

● メモリ

物理マシンのWindows11用に、最低4GB(システム要件)、実運用では8GBは要ると思いますので、

仮想マシン用に、プラス8GBで、16GBあればまずは良いかと。

● ハードディスク(HDD,SDD)

物理マシンのWindows11用に、最低64GB(システム要件)、実運用では128GBあればひとまず安心と思いますので、

仮想マシン用に、プラス128GBで、256GBあればまずは良いかと。

 

さて、これから先は、Hyper-V 中心に、色々試した事を 書いて行きたいと思います。


作成  : 2022/02/26