Hyper-VでWindows11(インストール編)

ここでは、ローカルユーザーでインストールしてみる

Windows OS では、通常、マイクロソフトアカウントを要求されますが、

OSのテスト使用などではいろいろ面倒な事もありますし、普通に行っても面白くありませんので、

Windows11Proで、ローカルユーザー(アカウント)でのインストール&初期設定が可能かを確認しながら進めたいと思います。

通常のインストール操作と同じ部分は、説明小盛で流します。

仮想マシンの電源ON

Hyper-VでWindows11(準備編)』が終わっていれば、後は、仮想マシンの電源ONで、

Windows11インストールDVD(ISOファイル)を読み込み、インストールが始まります。

それでは、電源ON してみましょう。

では、「Hyper-V マネージャー」を起動します。

起動する仮想マシン、ここでは、「VPC002」を選択し、

マウス右クリックで、メニューを表示し、

「接続」を マウス左クリック

 

※ 仮想マシンを選択すると、右側下方に、選択した仮想マシン(ここでは、「VPC002」)の欄が出て来る。  ここの「接続」でも良い


仮想マシンのウィンドウが開きます

これが、仮想マシンの画面です(物理マシンでのディスプレイ表示に該当します)

画面中央の「起動」を マウス左クリック

※ 画面メッセージの通り、「操作」メニューの「起動」でも良いです


「Press any key to boot from CD or DVD......」と表示されたら、

すかさず、すかさず!です、「Enter」キー を押す

※  any key なので、「Enter」でなくても良いですが、こういう時はやっぱり...

「Enter」キー が間に合わなかった時は、

しばらく(結構?)時間が経った後、白い画面が表示されるので、

その場合は、「Tab」キーで、「Restart now」に選択を進め、

「Enter」キーで、再挑戦!

 


「Enter」キー が上手くと、「Hyper-V」と表示され、処理が進む


通常、何にも触らず、

「次へ」を マウス左クリック


「今すぐインストール」を マウス左クリック


セットアップが始まります


しばらくすると「Windowsのライセンス認証」画面に遷移

ここで!

今回は、お試し使用としますので、ライセンス認証せず進めます

画面下の「プロダクトキーがありません」を マウス左クリック


「インストールするオペレーティングシステムを選んでください」画面に遷移

ここでは、「Windows 11 Pro」を マウス左クリック で選択し、

「次へ」を マウス左クリック


「適用される通知とライセンス条項」画面に遷移

内容に目を通し...?

「Microsoftソフトウェアライセンス条項に同意します。・・・」に マウス左クリック で ✔ し、

「次へ」を マウス左クリック


「インストールの種類を選んでください」画面に遷移

今回は、引き継ぐものが何も無い為、

「カスタム:Windowsのみをインストールする」を マウス左クリック


「Windowsのインストール場所を選んでください。」画面に遷移

何も触らず、

「次へ」を マウス左クリック


インストールが始まり、処理が進みます

処理が進みます


画面が変わり、10秒程度待つと、再起動

10秒待てない場合は、画面右下「今すぐ再起動」を マウス左クリック


再起動して、処理が進みます


そして...

おめでとうございます!

インストールが無事終了し、

Windows 11 が、立ち上がって来ました!!!

以上で、インストールは終了しました。

ここから先は、Windows 11 の初期設定となります。

長くなりましたので、ここから先は、別ページ『Hyper-VでWindows11(初期設定編)』へ GO!


現環境 : OS Windows 11 Pro バージョン 21H2

作成  : 2022/03/15