Hyper-Vの仮想マシンのバックアップ&リストア①

バックアップ=『エクスポート』 & リストア=『インポート』

仮想化環境では、パソコン(マシン)のバックアップ&リストアが簡単!というメリットがあります。

物理パソコン(マシン)の場合は、物理環境(ハードウェア)にかなり左右されてしまい、バックアップは色々面倒、リストアはそれ以上に面倒です。

仮想マシンの場合は、言ってしまえば、データファイルのコピペの様なもので、割とお気楽お手軽です。

また、同一仮想化環境上(ex. Hyper-V)にはなりますが、仮想化環境を動かす物理環境には左右されません。

バックアップ&リストアの方法は、Hyper-V では、
 ● バックアップは、「エクスポート」操作
 ● リストアは、「インポート」操作
で行います。

仮想マシンのエクスポート

仮想マシンのエクスポートは簡単です。

ここでは、Dドライブに「Backup」フォルダを準備し、そこへエクスポートして見ます。

「D:¥Backup」

なお、バックアップの観点では、異なるドライブ、リムーバブルディスクや、DVD・BD等のメディアに行うのが、良いと思います。

こんな感じです。

操作は、「Hyper-V マネージャー」にて行います。

※ ここでも仮想マシン「VPC002」を対象とします。

エクスポートは、仮想マシンが起動中でも実施出来ますが、何かの処理の途中だと、どの時点でエクスポートされたかが不明瞭となる恐れがあるので、個人的には、仮想マシンを「シャットダウン」してから行った方が良いと考えます。

「Hyper-V マネージャー」を起動

エクスポートしたい仮想マシン(ここでは「VPC002」)の状態が「オフ」となっている事を確認

対象仮想マシン(ここでは「VPC002」)を マウス左クリック で選択し、

マウス右クリックで、「メニュー」を表示し、

「エクスポート」を マウス左クリック

※ 対象仮想マシン選択後、「操作」メニューをマウス左クリックでも、OKです。


「ファイルの保存先を指定してください。」画面が表示

場所を入力(ここでは 「D:¥Backup¥」)し、

※「参照」で、場所を探すことも出来ます

「エクスポート」を マウス左クリック


エクスポート開始

進捗状況は「仮想マシン」欄の「状況」項目で確認出来ます

※ 画面にない場合は右方へスクロール

「状況」の進捗が消えた時点で、エクスポート終了となります。

以上で終了です。

エクスポート先のフォルダ構造はこの様になっています。

「D:¥Backup¥」の下に、仮想マシン名「VPC002」が作成され、

仮想マシン「VPC002」のファイル構造がそのままコピーされた様な感じです。

以上が、バックアップ(エクスポート)となります。

次は、リストア(インポート)となりますが、少し長くなりましたので、

次ページ『Hyper-Vの仮想マシンのバックアップ&リストア②』で。。。


現環境 : OS Windows 11 Pro バージョン 21H2
作成  : 2022/03/30